/

首相「新たな復興の枠組み、夏までに策定」

安倍晋三首相は10日夕、11日に東日本大震災の発生から4年を迎えるのを前に首相官邸で記者会見し、被災地の復興について「来年3月で集中復興期間が終了するが、次の5年間の枠組みを夏までに策定する」と表明した。これとは別に「福島再生のための政策パッケージを本年5月にも決定し、福島の自立に向けた将来像を夏ごろまでにとりまとめる」と述べた。

震災を受けて途絶しているJR常磐線に関し「将来的に全線で運行を再開させる」と強調した。放射性廃棄物の最終処分場をめぐっては「国から適地を提示するなど国が前面に立ってしっかり確保していく」と語った。

福島第1原発事故への東京電力の対応では「情報公開が不十分だったことは誠に遺憾だ」と明言。「十分な情報公開を徹底することで漁業関係者など信頼関係を再構築し、放射性物質の流出を抑制するための適切な追加対策を取るよう東電に指示している」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン