/

長坂政務官「地域に寄り添う」 引責辞任の務台氏後任

政府は10日午前の閣議で、被災地視察を巡る失言の責任を取って内閣府政務官を辞任した務台俊介衆院議員の後任に、同じ自民党麻生派の長坂康正衆院議員を充てる人事を決めた。長坂氏は首相官邸での辞令交付式後、記者団に「極めて緊張感を持ってお受けした。しっかり地域の皆様に寄り添った対応ができるよう全力で取り組んでいきたい」と語った。

務台氏は昨年9月、台風被害を視察した岩手県で、長靴を履かず職員に背負われて水たまりを渡り批判を受けた。今月8日の会合では「政府が持つ長靴がえらい整備されたと聞いている。たぶん長靴業界はだいぶもうかったんじゃないか」などと述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン