トップ > 特集 > 8日の概要 > 記事

・トップ ・プログラム ・講師紹介 ・ストリーミング

NEC社長「情報技術で暮らしを豊かに」
世界ICTサミット

2015/6/8 16:03
保存
共有
印刷
その他

NECの遠藤信博社長は8日、「世界ICTサミット2015」(日本経済新聞社・総務省主催)で講演し、「ICTの価値を人の暮らしを豊かにするために使っていきたい」と述べ、そのキーワードとして、「安心、安全、効率、公平」を挙げた。

講演するNECの遠藤社長(8日午後、東京・大手町)

遠藤社長は、「ICTが生み出す価値は、時間、対応、空間の3つである」と強調。データをリアルタイムで処理し、様々な状況を判断、対応することが可能になった。そのため、場所に関係なく人々が公平なサービスを受けられると説明し、「場所が違っていても同じ質の教育や医療がうけられる」ことを例に挙げた。

「また、NECの顔認証は世界トップの成績を誇る」と言及。バイクに乗った人物の特徴を認識する技術によって、実際アルゼンチンの一都市で、交通事故やひったくりの防止になった例を紹介した。

今後、こうした顔認識の技術を含め、「2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてパブリック・セイフティ(公衆安全)の面で貢献をしていきたい」と支援の意向を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ

電子版トップ特集トップ