トップ > 特集 > 8日の概要 > 記事

・トップ ・プログラム ・講師紹介 ・ストリーミング

富士通社長「人間中心のイノベーションを」 ICTサミット

2015/6/8 15:34
保存
共有
印刷
その他

富士通の山本正已社長は8日、「世界ICTサミット2015」(日本経済新聞社・総務省主催)で講演し、「人が豊かに、幸せに暮らせる社会を築いていくためには、ICTを通して様々な分野が連携し、イノベーションを起こしていくことが必須だ」と強調した。

講演する富士通の山本正已社長(8日午後、東京・大手町)

そのために富士通は信頼性の高いクラウドをベースに、様々な分野の企業が培った知見を反映しやすい共通のプラットホームを構築していく考えを示した。

山本社長は「日常生活は特に意識しなくてもICTに支えられている」と述べ、高度化したICT技術がこれからの社会を大きく変えていくと訴えた。

その上で、「技術は人のために、人がより幸せになるために使われなければならない」とも述べ、人間中心のイノベーションの実現にICTで貢献していくと強調した。

その一方で、あらゆるモノがネットワークによってつながる中、社会全体がサイバー攻撃の脅威にさらされていると指摘。人や社会をサイバー攻撃から守るため、真摯な姿勢で社として取り組んでいく考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ

電子版トップ特集トップ