トップ > 特集 > 8日の概要 > 記事

・トップ ・プログラム ・講師紹介 ・ストリーミング

ソフト開発、オープンに ICT専門家が討論
世界ICTサミット

2015/6/8 13:47
保存
共有
印刷
その他

「世界ICTサミット2015」(日本経済新聞社・総務省主催)は8日、「新たな成長を促すデータビジネス」をテーマに国内外のICT(情報通信技術)専門家らがパネル討論した。後半はソフトウエア開発のあり方や人材育成の課題について議論した。

討論する(左から)米GEソフトウェアのビル・ルーバイスプレジデント、東芝の錦織執行役上席常務、ブレインパッドの草野社長、米ピボタルラボのロブ・ミー社長兼創業者(8日午前、東京・大手町)

ITによる製造業の革新を促す「インダストリー4.0」がドイツを始め様々な国で推進されている。米GEソフトウェアのビル・ルー・バイスプレジデントは「日本はますます生産人口が減る。テクノロジーで補完するためにも、政府による適切な規制環境の整備が必要だ」と指摘した。

東芝の錦織弘信執行役上席常務・インダストリアルICTソリューション社長は「日本企業は品質の高いソフトを時間をかけて作ってきた。しかしこれからの時代はそれでは間に合わない。試作品の段階から顧客と一緒に開発していく必要がある」と提案した。

ブレインパッドの草野隆史社長は「ソフトウエアの開発ではデータ分析ができる人材が非常に少ない。ITをどう生かすかについて理解ある経営者が少ないのも問題だ。意識改革をしなければ、新しい技術が生まれても生かせない」と話した。

米ピボタルラボのロブ・ミー社長は「産業界でできることはオープンにしていくこと。セキュリティーの向上についてもその方がメリットは大きい」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ

電子版トップ特集トップ