/

細野氏、民進に離党届 長島・若狭氏と協議に意欲

民進党の細野豪志前代表代行は8日午後、野田佳彦幹事長に国会内で会い、離党届を提出した。その後の記者会見で、自民党に代わる受け皿となる新党の結成をめざす考えを表明。小池百合子東京都知事側近で政治団体「日本ファーストの会」を立ち上げた若狭勝衆院議員、民進党を除名された長島昭久元防衛副大臣と新党結成へ協議することに意欲を示した。

細野氏は「新党が設立されるまでに野党の再編も必要だし、不可避だ」と強調。「志を同じくする同志が必ずや立ち上がってくれるはずだ」と語った。民進党などの議員が自らに同調して新党に参加することに期待感を示した発言だ。新党結成の時期は「白紙」と述べるにとどめた。

民進党に離党届を出した理由は共産党との選挙協力や憲法改正に対する党の姿勢などを挙げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン