2017年11月19日(日)

甘利氏、TPP閣僚会合「妥結へ日程感の共有を」

2014/11/8付
保存
共有
印刷
その他

 【北京=坂口幸裕】甘利明経済財政・再生相は8日午後、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する12カ国の閣僚会合について「交渉妥結のスケジュール感をどう具体的に描くか、まだ各国で温度差がある。それをしっかり埋めて目標をいつぐらいに置くかを閣僚間で共有されることがベストだ」と述べた。閣僚会合に先立ち、北京市内のホテルで記者団の質問に答えた。

 TPP交渉の現状に関しては「難しい問題も残っている。モメンタムを落とさずに具体的な工程表をつくっていくことが大事だ。閣僚会議で議論したい」と指摘。安倍晋三首相らが出席する10日の首脳級の会合では「閣僚会合で共有された進捗状況を報告して首脳間で共有してもらう。その後に首脳から妥結に向けての指示が閣僚になされる」と語った。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

甘利明TPP安倍晋三



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報