防衛相「引き続き警戒監視を」 防衛省幹部会議で指示

2016/2/7 11:17
保存
共有
印刷
その他

中谷元・防衛相は7日午前、北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射を受けた防衛省幹部会議で「不測の事態に備え、国民の安全安心のために警戒監視に引き続き緊張感を持って取り組んでほしい」と指示した。同時に「今回の発射はわが国を含む地域、国際社会の平和と安全を損なう安全保障上の重大な脅威だ。国連安全保障理事会決議などにも違反する。北朝鮮に対して強く抗議し、批判する」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]