/

この記事は会員限定です

タックスヘイブン活用の観点から見る香港

水野コンサルタンシーホールディングス社長 水野真澄

[有料会員限定]

タックスヘイブン(租税回避地)の利用実態を明らかにした「パナマ文書」は、多くの著名企業や個人が名を連ねていることで世界に衝撃を与えた。ただ、タックスヘイブン利用は個別に詳しくみないと、その正当性をすぐには判断できない。タックスヘイブンに会社を設立すること自体が悪いのではない。タックスヘイブンに会社を設立して、租税回避や資金洗浄などの違法行為を行うことが問題なのだ。今回は、タックスヘイブンのメリット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2230文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン