/

この記事は会員限定です

7000年前の中国、稲作の源流をたどる

長江流域から日本へ

日本人とコメ(1)

[有料会員限定]

小鳥がさえずり、秋虫が鳴く。金属加工や繊維、石材などの工場が立ち並ぶ国道を少しそれると、のどかな田園風景が広がっていた。中国浙江省余姚市にある河姆渡(カボト)遺跡。その周りを黄色みを帯びた稲穂が揺れている。すぐそばを流れるのは姚江。下っていけば、東シナ海に流れ着く。

およそ7000年前、ここで稲を栽培し、高度な文明を築いた人たちがいた。

高度な文明物語る出土品

1973年から始まった発掘作業で見つかった6700件あまりの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2069文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン