2019年6月24日(月)

岸田外相、ベトナム国家主席と会談

2016/5/6 14:22
保存
共有
印刷
その他

【ハノイ=秋山裕之】岸田文雄外相は6日、ベトナム国家主席府で同国ナンバー2のチャン・ダイ・クアン国家主席と会談した。中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題への対応をめぐり、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国の結束が重要であるとの認識で一致した。一方的な現状変更は国際社会共通の懸念であるとの考えも共有した。

岸田外相は日中関係について「戦略的互恵関係の改善に努めている」と説明した。ベトナムの海上警備能力を高めるため、日本から新造巡視船の供与に向けた調査を加速すると約束した。

4月に就任したクアン国家主席は「ベトナムにとって日本は長期的に重要なパートナーである」と述べ、新指導部でも対日重視の外交方針が変わらないと説明した。「日本は第1の経済協力パートナーだ」とも強調した。今後も高い水準の政府開発援助(ODA)供与を要請した。岸田外相は「ODAを通じて経済発展を支援する」と応じた。

両国の要人往来を増やす方針で一致。クアン国家主席は安倍晋三首相の年内のベトナム訪問を招請し、岸田外相は「首相に伝える」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報