2018年7月19日(木)

7/19 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ5日続伸し79ドル高 1カ月ぶり高値、ナスダックは小反落
  2. 2位: 割安電機株に上昇サイン 景況改善や稼ぐ力に着目[有料会員限定]
  3. 3位: 三菱電、FA銘柄の終わりの始まりか[有料会員限定]
  4. 4位: 本田圭佑氏「金融の慣習にとらわれないファンドに」[有料会員限定]
  5. 5位: パソナG 収益改善迫る2つの圧力[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,794.19 +96.83
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,800 +80

[PR]

グローバルOutlook

フォローする

小池劇場、内部留保課税のカチカチ山
編集委員 滝田洋一

(1/2ページ)
2017/10/10 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 企業の内部留保への課税。消費再増税の凍結や原子力発電ゼロと並んで、小池百合子代表の希望の党が掲げた公約が波紋を広げている。企業がカチカチ山のタヌキにさせられることはないのか、と身構える向きもある。

 日本企業の内部留保は400兆円あまり。そこに課税することで、消費再増税凍結に伴う税収の穴を埋める。加えて、増税が嫌なら企業は賃上げや設備投資を増やすだろうから、景気も良くなる。一石二鳥の策というわけだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

新着記事一覧

読まれたコラム