世銀専務理事「民間資金を途上国のインフラ開発へ」

2017/6/6 11:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界銀行のジョアキン・レビ専務理事は6日、第23日国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)で講演し、「民間資金を途上国のインフラ開発に振り分ける動きを加速すべきだ」との考えを示した。その上で「世界銀行は、民間企業が途上国開発への投資のリスクを抑える仕組みを作って後押しする」と強調した。

レビ専務理事は、世界経済は引き続き成長を続けているものの「投資家がリスクを警戒し、資金が途上国に回っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]