慰安婦合意、米国務長官「支持」 日米外相が電話協議

2016/1/6 9:49 (2016/1/6 11:58更新)
保存
共有
印刷
その他

岸田文雄外相は6日午前、ケリー米国務長官と約20分間電話で協議した。岸田氏は旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡る昨年末の日韓合意について説明し、ケリー氏は「歴史的な合意を歓迎し、支持する。日韓の勇気と政治的決断を称賛する」と伝達。「地域およびグローバルな課題で日本、韓国との協力を引き続き深化させることを楽しみにしている」と述べた。

電話協議はケリー氏から呼びかけた。中国が南シナ海・南沙(英語名スプラトリー)諸島に新設した飛行場で航空機を試験飛行させたことに関しては、緊張を高めて地域の安定を脅かすとして懸念を共有。引き続き日米で緊密に連携していくことで一致した。

サウジアラビアとイランの外交断絶など緊迫する中東情勢を巡っては、地域の安定のために全ての当事者に自制を求めることを確認。対話を通じて事態を沈静化させ、平和的に問題を解決することを求めていくことを申し合わせた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]