/

NTTコム社長「ICTで経営環境変革支援」

NTTコミュニケーションズの庄司哲也社長は6日、「世界ICTサミット2016」(日本経済新聞社・総務省主催)で講演し、「人工知能やIoT(モノのインターネット化)をはじめとしたICTは皆さんのビジネスを変革していく」と強調した。「グローバルの進展を目指す企業に、通信環境を安心して使ってもらえるようなサービスを提供したい」と述べた。

AI(人工知能)を使えば、銀行や証券会社の窓口で顧客の問いに対し、リアルタイムでスムーズな返答をできるようになる。庄司社長は「AIにチェック機能をもたせることで、コンプライアンス(法令順守)につなげることも可能」と指摘。金融の窓口や営業分野でもAIへの代替が進むと述べた。

今後、求められるICTインフラについては「グローバルで柔軟、迅速、安全性の高いネットワーク」と強調。顧客の要望に対応するために「サーバーなどの機器をソフトウエアで操作する新技術を活用し、より顧客企業の利便性を高めたサービスの展開を目指す」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン