/

甘利経財相、7~9月期GDP改定値「上方修正」見通し示す

甘利明経済財政・再生相は6日午前のNHK番組で、2015年7~9月期の実質国内総生産(GDP)改定値について「(前期比年率で)0になると思う」と述べ、同0.8%減だった速報値から上方修正されるとの見通しを明らかにした。そのうえで、足元の日本経済について「順調に回復してきている路線上にある」との認識を述べた。

改定値は内閣府が8日に発表する。7~9月期の法人企業統計が2期ぶりの増加となったことなどが改定値の上方修正の要因とみられる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン