インドネシア副大統領「AI、雇用奪う懸念も」

2017/6/5 18:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドネシアのユスフ・カラ副大統領は5日、第23日国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)で講演し、「グローバル化は包摂的な仕組みが必要だ」と述べ、世界中で広がる経済格差を是正する必要があると述べた。「テクノロジーの進展は可能性を広げる一方で、雇用を奪う懸念もある」とも話し、過度の利用への警鐘を鳴らした。

カラ氏はアジアがグローバル化の恩恵を受けてきたことを指摘する一方、「そのメリット…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]