/

この記事は会員限定です

モンゴル外相「アジアの中間層拡大、グローバル化に影響」

[有料会員限定]

モンゴルのツェンド・ムンフオルギル外相は5日、国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)で講演し、アジアの中間層拡大が、経済構造の変化やグローバル化に「大きな影響を及ぼす」と指摘した。

2030年に世界で49億人に拡大する中間層の大半がアジア太平洋地域であることを引き、アジアの成長エンジンが安価な労働力だけでなく「IT(情報技術)を駆使した生産性向上や技術革新が加わっている」と分析。「アジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン