「米の保護主義、アジア各国が懸念」 専門家ら討論

2017/6/5 13:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第23回国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)で5日、「保護主義の台頭と自由貿易のゆくえ」をテーマに日本、中国、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)の4人の専門家が討論した。後半では、トランプ米大統領が掲げる保護主義がアジア各国共通の懸念であることを確認。「アジアの統合で米に影響を与えていくべきだ」との認識で一致した。

インド応用経済研究所のラジェシュ・チャダ上席研究顧問は「21…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]