/

自民、都知事候補は参院選後 小泉・細川氏「かかわらず」

東京都知事選(14日告示―31日投開票)に出馬表明した自民党の小池百合子氏は5日、自民党都連会長の石原伸晃氏と党本部で約20分間会談した。会談後、石原氏は小池氏から推薦願を受け取ったとしたうえで「しっかり組織のルールにのっとり扱いを検討したい」と述べた。推薦するかどうかの判断は「参院選の後になる」と語った。前回の都知事選に反原発を掲げて出馬した細川護熙元首相と、細川氏を支持した小泉純一郎元首相は記者会見し、今回はかかわらないとの考えを示した。

自民党都議団は増田寛也元総務相の擁立を目指しており、一本化への調整が進むかが焦点。小池氏は推薦を得られなくても出馬する姿勢を崩していない。

2005年の郵政選挙で、民営化反対組への「刺客」として東京の選挙区にくら替えした経緯のある小池氏について小泉氏は「選挙には一切、かかわらない。相談もないし、会っていないのでわからない」と述べた。同時に「度胸があるなと思っている。やるからにはしっかりやってほしい」とエールを送った。

自らが立ち上げた日本新党で小池氏が結党メンバーだった縁のある細川氏も「選挙にはかかわらないが、なかなかいい政治勘をしている」と評した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン