/

中国の李首相、台湾独立「阻止する」 香港もけん制

【北京=山田周平】中国の李克強首相は5日開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の政府活動報告で、「台湾独立の分裂活動を断固として反対し、阻止する」と表明した。2016年の政府活動報告では「断固として反対する」と述べるにとどめていた。台湾で16年5月、独立を志向する民主進歩党(民進党)政権が発足したのを受け、圧力を高めることを示唆した発言だ。

一方、香港政策では「香港独立に前途はない」と言及した。16年には「香港独立」との表現はなかった。26日に予定される香港行政長官選挙をにらみ、独立を志向する香港の「本土派」勢力をけん制する狙いとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン