/

TPP条文案を議員に開示へ 政府、説明急ぐ

【ワシントン=川合智之】訪米中の西村康稔内閣府副大臣は4日、交渉の最終段階にある環太平洋経済連携協定(TPP)の条文案を国会議員に開示する方針を明らかにした。西村氏はワシントンでの会合で「国会や国民にも内容を十分に説明しないといけない」と述べ「(交渉が)最終局面に来ているので情報開示をさらに進めていくことを考えていきたい」と表明した。

TPPの条文案は交渉関係者しか閲覧できず、4日の会合でも「野党になって現在の交渉の詳細がわからない」(民主党の玄葉光一郎元外相)など不満の声が出ていた。米通商代表部(USTR)は守秘義務を結んだ議員らに条文案を開示している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン