/

サウジ、イランと外交関係断絶 大使館襲撃受け

【ドバイ=久門武史】サウジアラビアのジュベイル外相は3日、イランとの外交関係を断絶すると発表した。サウジがイスラム教シーア派の宗教指導者らを処刑したことに抗議し、イランの首都テヘランで群衆がサウジ大使館を襲撃したのを受けた措置。ジュベイル外相は、サウジ国内にいるイラン外交官に48時間以内の国外退去を求めた。

イスラム教スンニ派のサウジは2日、国内でのテロに関与したなどとしてシーア派の宗教指導者ニムル師ら47人を処刑した。シーア派の大国イランは激しく反発。イランの最高指導者ハメネイ師は3日、処刑について「政治的な過ちだ」と非難し、サウジに対し「神の報復を受けるだろう」と表明していた。

シリア内戦やイエメン情勢などを巡り、鋭く対立するサウジとイランの関係悪化は決定的になった。過激派組織「イスラム国」(IS)の台頭などで混乱する中東に、新たな不安定要素が持ち上がった格好だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン