/

この記事は会員限定です

「狂犬」が狙ったトランプ氏の暴言封じ 日韓訪問

[有料会員限定]

「狂犬」の異名を取るマティス米国防長官は4日、韓国、日本の一連の訪問日程を終えた。トランプ政権の閣僚として初めてとなる外国訪問に日韓を選んだ狙いの一つは中国や北朝鮮への抑止力強化。そしてもう一つはトランプ大統領の暴言の封じ込めだ。マティス氏の日韓訪問という「間接話法」の効果があったかどうかは10日の日米首脳会談で早速出る。

トランプ氏の政権運営は内政、外交とも政権発足後、2週間ですでに大混乱に陥っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン