/

野球ソフトなど5競技、東京五輪で採用決定

追加種目決定後の記者会見を終え、席を立つ東京五輪組織委の森会長(左)(3日、リオデジャネイロ)=写真 玉井良幸

【リオデジャネイロ=山口大介】国際オリンピック委員会(IOC)は3日、リオデジャネイロで総会を開き、2020年東京五輪組織委員会から提案された追加種目として野球・ソフトボールや空手など5競技18種目の実施を承認した。野球・ソフトは08年北京以来3大会ぶりに五輪に復活する。

野球・ソフトと空手以外に実施されるのはサーフィン、スポーツクライミング、スケートボード。空手を含めた4競技は初の五輪採用となる。総会ではIOC委員の挙手による投票の結果、満場一致で東京が希望していた全種目の採用が決まった。

開催都市による追加種目の提案権は、14年12月に決まったIOCの中長期改革「五輪アジェンダ2020」に盛り込まれたもので、その大会に限り実施される。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン