/

この記事は会員限定です

出光創業家が仕掛けた統合阻止策

[有料会員限定]

出光興産と創業家の対立が第2ラウンドを迎えた。創業家側が3日、昭和シェル石油との経営統合計画を阻止する意向を改めて表明。統合計画のスキームそのものに影響しかねない昭シェル株の取得に踏み切ったことも明らかにした。そして、計画を撤回しない限り、会社側との協議には応じない姿勢まで示した。会社側と創業家は「冷戦」に入る。

創業家の秘策「3分の1ルール」

出光と創業家の対立が6月の株主総会で表面化して1カ月あまり。創業家の代理人弁護士の浜田卓二郎氏らが3日に都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン