軽減税率で官房長官「低所得者の負担少なく」

2015/11/3 11:46
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は3日午前、都内での経営者らとの討論会で、消費増税時に一部品目の税率を低くする軽減税率について「金額は別にして、やらせてもらう。できるだけ(低所得者の)負担を少なくしたい」と語った。

軽減税率導入をめぐっては対象品目や財源をめぐって、自民、公明両党の税制調査会で溝がある。公明党で生鮮品(約3400億円)を軸に加工品を組み合わせる案(最大約8000億円)が浮上する一方、自民党税調は幅広い対象品目に否定的な立場だ。

菅長官は2014年4月の消費税率8%への引き上げは「影響はいわれているよりもはるかに深刻だった」と指摘した。一方、17年4月の税率10%への引き上げは「リーマン・ショックのような現象がなければ予定通りやる」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]