/

VW排ガス不正問題、米で拡大 ポルシェ「カイエン」など1万台

【ニューヨーク=中西豊紀】米環境保護局(EPA)は2日、独フォルクスワーゲン(VW)が米国で販売した自動車について、新たに約1万台の排ガス不正が見つかったと発表した。多目的スポーツ車(SUV)「トゥアレグ」のほか、高級車ブランドで知られるポルシェの「カイエン」やアウディの「A6」などが含まれる。

EPAが9月18日に初めてディーゼル不正を公表した時点では、対象は48万2000台の排気量2リットルの車で、モデル年も2009年から15年にとどまっていた。今回さらに排気量3リットルの車でも、14年モデル以降について違法ソフトの搭載が発覚した。これらの車は有害な窒素酸化物(NOx)の排出量が当局基準の9倍に達していたという。

不正は今秋から販売が始まっている2016年モデルの車でも認められたが、これらの販売台数は現時点では不明。このためEPAは追加の不正台数は1万台を超える可能性があるとしている。リコール(回収・無償修理)費用が当初想定よりかさみそうで、VWにとっては経営の新たな重しとなる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン