サッカー

スポンサー4社、FIFA会長に即時辞任要求
会長は拒否

2015/10/3付
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=原克彦】国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件を巡り、米コカ・コーラなどのスポンサー4社は2日、背任の容疑などでスイス当局の捜査を受けたブラッター会長に即時に辞任するよう求めた。同会長はこれに対し、2016年2月に予定する辞任の前倒しを拒否すると表明した。重要な収入源であるスポンサーとの対立は、FIFAの運営に支障を来す可能性もある。

米マクドナルドと米ビザ、ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)もブラッター会長の即時辞任を要求した。FIFAの11~14年の収入に占める広告の割合は29%にのぼり、放映権に次ぐ資金源だ。4社はFIFAへの影響力を行使し、宣伝効果が悪化するのを回避する意向とみられる。

コカ・コーラは自社サイトで「競技のために、ブラッター会長に即座に辞任するよう求める」と発表し、「1日が過ぎるごとにFIFAの評価とイメージは汚され続ける」と危機感をあらわにした。マクドナルドも「信頼できる改革を進められるよう、会長がすぐに辞任するのが競技にとって最善だ」と表明した。

スポンサー各社はワールドカップ(W杯)の招致を巡る贈収賄の疑惑が伝わった昨秋から、事態解明を求めてきた。その急先鋒(せんぽう)としてスポンサー契約の解消も辞さないとしてきたビザも、「ブラッター会長の即時辞任がFIFAにとって最善なのは明らかだ」との声明を出した。

ブラッター会長は5月、米司法省が贈収賄などでFIFA元副会長ら関係者14人を起訴した2日後に会長選挙で5選を果たしたが、その4日後に辞意を表明した。ただ、後継が決まる16年2月までは会長にとどまると強調してきた。9月25日にスイスの検察当局がブラッター氏への捜査開始を発表した後も容疑を否認し、会長職を続けている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

日本サッカー協会会長に再選され、取材に応じる田嶋幸三会長(25日、東京都文京区のJFAハウス)=共同

 日本サッカー協会は25日、東京都内で臨時評議員会を開き、3月の役員改選に伴う会長選挙で、ただ一人立候補していた現職の田嶋幸三会長(62)を再選した。任期は2年で3期目となる。3月29日の評議員会で新 …続き (16:20)

 【ベルリン=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は24日、2023年女子ワールドカップ(W杯)招致を目指している各候補地の視察日程を発表し、日本は2月24日から4日間のスケジュールとなった。コロンビア …続き (24日 20:49)

契約延長で合意したタイサッカー協会のソムヨット会長と西野氏(右)(24日、バンコク)

 【バンコク=岸本まりみ】タイサッカー協会は24日、前日本代表監督でタイ代表監督を務める西野朗氏との契約を2年延長した。サッカー男子の東京五輪予選を兼ねたU―23(23歳以下)アジア選手権で、西野監督 …続き (24日 19:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]