円、112円80~90銭で始まる シドニー市場

2017/2/3 7:15
保存
共有
印刷
その他

【シドニー支局】3日のシドニー外国為替市場で円相場は前日同時点(113円15~25銭)から反発し、35銭円高・ドル安の1ドル=112円80~90銭で始まった。

米追加利上げの時期が不透明との見解が広がっているほか、トランプ米政権が及ぼす地政学的リスクへの懸念からドルは売りが優勢となっている。

オーストラリア(豪)ドルは、対円で前日同時点(85円80~90銭)から60銭円安・豪ドル高の1豪ドル=86円40~50銭で推移している。対ドルでは前日同時点(0.7580~0.7590ドル)から上昇し、1豪ドル=0.7655~0.7665ドルで始まった。12月の豪貿易収支や同月の豪住宅建設許可件数が市場予想を上回ったことを受け、豪ドルは買いが優勢となっている。原油など国際商品価格の上昇も資源国通貨の豪ドルを下支えしている。

ニュージーランド(NZ)ドルは、対円で前日同時点(82円35~45銭)から10銭円高・NZドル安の1NZドル=82円25~35銭で推移している。対ドルでは前日同時点(0.7275~0.7285ドル)から反発し、1NZドル=0.7290~0.7300ドルで始まった。

ユーロ円相場は前日同時点(121円85~95銭)から上昇し、50銭円高・ユーロ安の1ユーロ=121円35~45銭で推移している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]