文太さん、山梨に残した種 有機農業に熱い思い

2014/12/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

俳優で農業を営んでいた菅原文太さんが11月28日に亡くなった。享年81歳。2009年に山梨県北杜市で農業を始め、県庁の農政アドバイザーを務め、シンポジウムや講演会に引っ張りだこだった。生前は自分の農地では農薬を絶対に使わないことや有機農法の将来について熱く語り、自らの農業の実践が本格化しようという時に逝ってしまった。

「農業は儲(もう)からねえよ」。昨年7月20日に地元の山梨中央銀行が開いた講演…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]