トップ > 特集 > 自治体・政府 > 記事

常磐道、3年遅れの全線開通 いわき―相馬1時間短縮

2015/3/1付
保存
共有
印刷
その他

東日本大震災と原発事故の影響で供用が遅れていた常磐自動車道の常磐富岡インターチェンジ(IC)―浪江IC間14.3キロが1日午後3時に開通した。これに先だち同日午前10時から現地で開通式典が開かれた。

総延長300キロの常磐道の全線開通によって、福島県など地元では物流の回復など復興への加速化に期待が高まる一方、汚染土の中間貯蔵施設への搬入路としても重要性が増している。

この日は東日本高速道路(ネクスコ東日本)と福島県が、同県の常磐富岡IC付近の本線上で車両の通り初め式典を催し、浪江ICまで関係者を乗せた車両が走行、浪江町で開通記念式典を相次いで開いた。

式典で安倍晋三首相は「全線開通は福島の復興のシンボルと、仙台と首都圏がつながるという2つの大きな意味がある。福島の復興の起爆剤にしていかねばならない」とあいさつした。

常磐自動車道が全線開通し、料金所を通過する車両。路線上の放射線量を示す掲示板も設置された(1日、福島県浪江町)=共同

常磐自動車道が全線開通し、料金所を通過する車両。路線上の放射線量を示す掲示板も設置された(1日、福島県浪江町)=共同

常磐自動車道は1966年に路線決定。埼玉県三郷市の三郷ジャンクション―宮城県亘理町の亘理ICの全区間300.4キロは計画通り2014年度までの供用開始となったが、この日供用開始した区間は当初は11年度中に開通予定で、震災と東京電力福島第1原子力発電所事故の発生で3年遅れとなった。

同区間は富岡、大熊、双葉、浪江町を通るが、約4キロが帰還困難区域、約9キロは居住制限区域。第1原発とは最も近い所で5キロの距離にある。国は年間空間線量が50ミリシーベルト超の帰還困難区域についてはまだ除染対象にしていないが、常磐道全線開通は福島県の復旧・復興に欠かせないとして、除染を実施してきた。

今年1月末時点で国が測定した結果、全区間の平均が1.1マイクロシーベルト、最大で同4.8マイクロシーベルトだった。また同区間を1回走行した際の被曝(ひばく)線量は自動車内で0.2マイクロシーベルトだったという。

常磐道の全線開通で、いわき―相馬間が従来より約1時間短縮される。地元では観光や物流の促進に期待が高まる一方、福島県内にたまる汚染土などを大熊、双葉両町に建設が計画される中間貯蔵施設への搬入道路としての役割が見込まれている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ

電子版トップ特集トップ