囲碁に新国際戦 井山王座と中韓代表、AIも参戦

2016/11/29 17:13
保存
共有
印刷
その他

日本棋院は29日、囲碁の新しい国際棋戦「ワールド碁チャンピオンシップ」を来年3月、大阪市で開催すると発表した。日本で六冠を持つ井山裕太王座(27)と、中国・韓国代表のプロ各1人、人工知能(AI)を応用した囲碁ソフトの4者がリーグ戦で世界最強を争う。著しい進化を見せるAIが参加する初の国際棋戦となる。

中韓の代表は中国棋院・韓国棋院の推薦を受ける。AI代表は日本で開発された「DeepZenGo(デ…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]