/

将棋連盟新理事に清水女流六段ら 初の女性常勤理事

日本将棋連盟は27日、任期満了に伴う理事選挙の予備選を実施し、現会長の佐藤康光九段(47)や永世名人の資格を持つ森内俊之九段(46)、女流タイトル最多記録を持つ清水市代女流六段(48)ら7人の新しい理事を選んだ。清水女流六段は女性として初の常勤理事となる。5月29日の通常総会で正式に承認される。

清水女流六段は「これまでと違う立場になり、新たな可能性が広がる半面、厳しい現実も目の当たりにして、改めて身の引き締まる思い」とコメントした。

新理事に内定したのはほかに森下卓九段(50)、鈴木大介九段(42)、井上慶太九段(53)、脇謙二八段(56)。今回の理事改選は、将棋ソフト不正使用疑惑をめぐる騒動後で初となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン