/

藤井四段が29連勝 将棋公式戦、30年ぶり新記録

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が26日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)を破り、公式戦連勝記録を「29」に伸ばして歴代単独トップとなった。史上最年少でプロ入りした中学生棋士が、昨年12月のデビュー戦から無敗のまま、30年ぶりに新記録を樹立した。

従来の記録は1987年に神谷広志八段(56)が達成した28連勝で、藤井四段は今月21日に肩を並べていた。30連勝がかかる次回の対局は7月2日、竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段(22)と戦う。

藤井四段は愛知県瀬戸市在住の中学3年生。将棋は5歳で覚え、日本将棋連盟がプロ棋士を養成する機関である「奨励会」には10歳の2012年、6級で入会。史上最年少で三段に昇段すると、プロ入りの最終関門である奨励会三段リーグを最短の1期(半年)で勝ち抜いた。

昨年10月、14歳2カ月で四段に昇段してプロ棋士となる。加藤一二三・九段(77)が持っていた14歳7カ月の最年少記録を62年ぶりに更新した。昨年12月のデビュー戦から公式戦では負け知らずだ。非公式戦でも第一人者の羽生善治王座(王位・棋聖、46)をはじめ、永世棋聖の資格を持つ佐藤康光九段(47)らA級棋士を破るなど快進撃を続けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン