将棋ソフト不正利用問題 スマホ提出受け「証拠なし」

2016/12/26 16:47
共有
保存
印刷
その他

記者会見で調査結果を公表する日本将棋連盟第三者調査委員会の但木委員長ら(26日午後、東京・霞が関)
画像の拡大

記者会見で調査結果を公表する日本将棋連盟第三者調査委員会の但木委員長ら(26日午後、東京・霞が関)

 将棋の三浦弘行九段(42)が対局中にコンピューターソフトを不正使用したとの疑いが浮上し、出場停止処分を受けた問題で、日本将棋連盟が設置した第三者による調査委員会が26日、不正行為に及んだと認める証拠はないと発表した。将棋連盟の処分の妥当性については「やむを得なかった」と判断した。

 弁護士による調査委員会の但木敬一委員長は記者会見で「三浦九段や家族のスマートフォン(スマホ)の提出も受け、指摘を受けた疑惑についてひとつひとつ調べたが証拠になるような事実はなかった」と話した。

 一方で「目前にタイトル戦が迫っており、将棋連盟の措置には必要性と緊急性があった」として、処分は許容されると判断した。その上で不利益を被った三浦九段を正当に遇し、その実力を発揮できる環境を整えるよう将棋連盟に求めた。

 三浦九段は今年10月、対局中に頻繁に離席してソフトを不正に用いたのではないかと指摘を受けた。将棋連盟は三浦九段が休場の申し出をしながら届け出なかったことで12月末までの出場停止処分を下した。三浦九段は第29期竜王戦の挑戦権を得ていたが、処分によって七番勝負には出場できなかった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

将棋三浦弘行

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:00
東北 22日 7:01
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:01
東京 22日 7:00
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 22日 22:19
22日 21:44
北陸 22日 7:01
22日 7:00
関西 22日 6:30
22日 6:00
中国 22日 6:00
22日 5:59
四国 22日 10:57
22日 6:00
九州
沖縄
22日 21:42
22日 21:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報