/

将棋ソフト問題で三浦九段に慰謝料 連盟と合意

対局中のコンピューターソフト不正使用を疑われた将棋の三浦弘行九段(43)が竜王戦七番勝負などへの出場停止処分を受けた問題で、日本将棋連盟は24日、三浦九段の経済的損失に対して慰謝料を支払うことで合意したと発表した。金額は明らかにしていない。

同日夕、東京都渋谷区の将棋会館で記者会見した佐藤康光会長は「これで円満解決」と語った。また、会見に同席した三浦九段は「将棋界の発展のために一棋士として頑張りたい」と語った。

昨年10月、竜王戦の挑戦者に決まっていた三浦九段は七番勝負開幕直前、公式戦出場停止処分を受けた。12月末には将棋連盟が設置した第三者委員会は「不正行為の証拠はない」とする調査結果を発表していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン