2018年11月20日(火)

糸谷新竜王が誕生 タイトル初挑戦で奪取

2014/12/4付
保存
共有
印刷
その他

将棋の第27期竜王戦七番勝負の第5局が3、4日の両日、金沢市で指され、先手の挑戦者、糸谷哲郎七段(26)が161手で森内俊之竜王(44)を破り、対戦成績4勝1敗で竜王を奪取した。森内前竜王は2011年以来の無冠となった。

糸谷新竜王は広島市の出身。大阪大学大学院に在籍(休学中)し哲学を学ぶ異色のプロ棋士だ。歩くことが脳によいとの考えから、対局中でも頻繁に席を外し周囲を歩き回る独特のスタイルを持つ。タイトル初挑戦で初タイトルをつかんだ糸谷新竜王は終局後、「今は素直にうれしいです。(師匠の森信雄七段にも)いい恩返しができたかな」と笑顔を見せた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報