/

この記事は会員限定です

山口組組長の使用者責任を認定 みかじめ料めぐり名古屋地裁判決

[有料会員限定]

暴力団山口組の傘下組織にみかじめ料を支払っていた元飲食店経営の女性が、篠田建市(通称司忍)山口組組長と傘下組織組長に損害賠償や慰謝料を求めた訴訟の判決が31日、名古屋地裁であった。加島滋人裁判長は山口組組長の使用者責任などを認め、2人に計約1870万円を支払うよう命じた。

原告側弁護団によると、みかじめ料を巡り、暴力団トップの責任を認めるのは初めてという。

判決理由で、加島裁判長は、傘下組織組長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません