/

若宮商業高、21年度末で閉校へ 名古屋市教委案 少子化受け再編

名古屋市教育委員会は31日、市立若宮商業高校(天白区)の生徒募集を2019年度入学で終了し、21年度末で閉校する計画案を明らかにした。少子化で市内の生徒数の減少が見込まれ、商業科を希望する生徒が少ないことも背景という。

市議会の教育子ども委員会で計画案を示した。同校は1学年6学級で、生徒数は約700人。閉校後は他校の普通科を中心に学級数を増やし、市全体で定員を調整するという。閉校後の跡地では、軽度な障害を持つ生徒が通う高等特別支援学校の開設などを検討する。

委員会で市側は「卒業生のことを考えると重い提案だと思うが、時代の流れや将来を見越せばやむを得ない」と説明。ただ同校は定員割れはしておらず、市議からは「入試倍率も低いわけではないのになぜこのタイミングで閉校するのか」「学級数を減らしての対応はできないのか」などと慎重な意見が相次いだ。

今後、市は議会の意見やパブリックコメントの結果を踏まえ、年内にも閉校するかどうか正式に決める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン