/

この記事は会員限定です

手足口病 愛知・岐阜・三重も警報レベル

[有料会員限定]

乳幼児を中心に感染し、手や足などに発疹が出るウイルス性感染症「手足口病」が全国的に大流行している。1医療機関当たりの患者数は愛知、岐阜、三重の3県でも警報レベルに達している。

三重県などによると、7月17~23日の患者数は16.8人で、過去10年間の同時期で最多だった。患者の9割が乳児や児童だが、家庭内で感染が広がり成人がか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン