ヨドバシの請求棄却 JRゲートタワー出店訴訟 名古屋地裁「開業変更の可能性認識」

2017/5/31 2:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

名古屋駅前で4月に開業した複合高層ビル「JRゲートタワー」の建設工事が遅れたことで出店を中止せざるを得なくなったなどとして、ヨドバシカメラ(東京)がビルを管理するJR東海子会社に違約金など計約16億6千万円の支払いを求めた訴訟の判決が30日、名古屋地裁であった。加島滋人裁判長(桃崎剛裁判長代読)はヨドバシの請求を棄却した。

ヨドバシ側は2016年春の開業が契約の前提だったと主張したが、加島裁判長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]