/

この記事は会員限定です

藤井四段の師匠「間違いなく強くなる予感あった」 将棋・杉本七段語る

[有料会員限定]

愛知県瀬戸市出身の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が19連勝と破竹の快進撃を続けている。

「間違いなく強くなるという予感があった」。藤井四段の師匠、杉本昌隆七段(48)は振り返る。2人の出会いは7年前。藤井四段は小学校1年だった。当時は抜きんでて強かったわけではなかったが、「センスは抜群だった」。負けると盤面に顔をうずめて泣くほどの負けず嫌い。小学4年で弟子として指導を始めると、才能を一気に開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り439文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン