/

この記事は会員限定です

名古屋鉄道、リニア時代へ名駅2000億円(ナゴヤの名企業)

[有料会員限定]

超高層ビルの開業ラッシュに沸く名古屋駅で、その大トリを飾る大型プロジェクトが進行している。リニア中央新幹線が開業する予定の2027年までに、名古屋鉄道が自社の3棟を含む複数のビルをまとめて建て替える再開発計画だ。

南北に伸びる約2万8千平方メートルの土地に複合高層ビルを建て、歩行者デッキでつなぐ。商業施設やオフィス、ホテル、住居、バスセンターを備え、高速道路を直接つなげる構想もあり、来年春までに概要が固まる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2082文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン