アンモニア漏出 計器の調査中か 春日井の王子製紙工場で男性重体

2017/7/29 1:38
保存
共有
印刷
その他

28日午前9時45分ごろ、愛知県春日井市王子町の王子製紙春日井工場で、アンモニアタンクを点検中に配管からアンモニア水が漏れ出し、男性社員3人が浴びるなどした。うち村本秀樹さん(41)=同市柏井町3=が意識不明の重体となり、2人が軽傷を負った。

春日井署によると、タンクの容量は約7万リットルあり、濃度25%のアンモニア水が約2万リットル入っていた。タンクの計器を調べていたところ配管が破裂したとみられ、同署が原因を詳しく調べている。

軽傷を負ったのは村本さんと一緒に作業していてアンモニア水を浴びた男性(38)と、村本さんを救助した際にアンモニア水に触れるなどした男性(43)。アンモニア水は、工場廃水を浄化する微生物を培養するために使っていた。

同社によると、アンモニアは毒劇物法で劇物に指定されている。揮発性が高く吸い込めば呼吸困難になり、浴びるとやけどをする。現場周辺にいた外部の作業員6人が気化したアンモニアを吸い、一時体調不良を訴えていたという。

工場はJR春日井駅から南西に約1.5キロの住宅地の中にある。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]