/

豊橋技科大の宿舎1棟関与 旭化成建材

旭化成建材の杭(くい)打ちによるマンション傾斜問題で、豊橋技術科学大(愛知県豊橋市)は28日、学内にある学生宿舎の1棟が、同社が関わった県内の建物82件の中に含まれていたと発表した。横浜市の傾斜マンションに関与した同社担当者が手がけた工事(県内で23件)には含まれていなかった。

豊橋技科大が27日に愛知県から連絡を受け、28日に目視調査を急きょ実施したところ、建物の傾きやひび割れなどの異常はなかったという。今後、施工業者による確認調査を実施する方針。

また、名古屋市は28日、愛知県から旭化成建材が手掛けた物件に関するリストの提供を受けたことを明らかにした。市は週内にも内容を公表する。愛知県は県内の市町村に旭化成建材の物件に関する情報を提供する方針を示していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン