/

愛知県内の訪日観光、2人に1人「名古屋城」

愛知県は28日、愛知県を訪れた外国人観光客の動向調査を発表した。県内の訪問先で最も多かったのは名古屋城で51.0%、次いで名古屋駅や栄、大須などの「名古屋都心」(50.9%)、温泉(27.1%)となった。海外から来た観光客にとっても「城」がシンボルになっている。

中部国際空港から出国する外国人を対象に、空港で7~10月に聞き取り調査をした。回答者は約1000人だった。滞在目的は観光・レジャーが49.7%、ビジネスが22.9%だった。

県内で食べたものを聞いたところ、すしが57.5%と最も多く、次いでラーメン(55.8%)、刺し身(37.9%)だった。なごやめしでは手羽先が最も人気を集め27.8%だった。

愛知県での旅行費用(航空運賃を除く)を聞いたところ「10万円以上」との回答が最も多く31.3%だった。土産代は「1万~3万円」が、飲食代も「1万~3万円」が一番多い回答だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン