/

名古屋と岐阜で桜開花 平年より2日遅く

名古屋地方気象台は28日、名古屋市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より2日、昨年より9日遅かった。1週間程度で満開になる見通し。

岐阜地方気象台も同日午後、岐阜市の標本木で5~6輪の開花を確認した。午前中はつぼみだったが、午後に気温が上がり、一気に咲いたという。平年より2日、昨年より8日遅かった。

津地方気象台の標本木はつぼみの状態。気象情報会社のウェザーニューズは、津市の開花を4月2日と予想している。各気象台によると、開花の遅れは、昨年より気温が低いのが理由という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン