/

この記事は会員限定です

中部薬品、「Vドラッグ」店舗作業量を3割圧縮へ

[有料会員限定]

バローホールディングスの傘下でドラッグストア「Vドラッグ」を運営する中部薬品(岐阜県多治見市)は店舗の運営手法を効率化する。店頭で取り扱う商品数を25%程度削減し、陳列などにかかる手間を減らすほか、商品の自動発注も活用する。2年以内に店舗での作業量を現状から3割程度圧縮する。人手不足に対応するとともに、人的資源を接客に重点的に振り向ける狙いがある。

Vドラッグの長久手南店(愛知県長久手市)と可児...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン