名古屋市立大、理学部を新設 18年春に定員40人

2016/10/27 2:00
保存
共有
印刷
その他

名古屋市立大学は26日、2018年春、生命科学や物理学など基礎科学を学ぶ「総合生命理学部」(仮称)を新設すると発表した。名市大大学院システム自然科学研究科の下に設置し、修士や博士課程と一貫した教育研究体制を確立。同大が強みをもつ医学部など既存学部とも連携し、分野横断的な人材の育成を目指す。

新学部は山の畑キャンパス(名古屋市瑞穂区)に設け、定員は1学年40人。来年3月に文部科学省に設置認可を申請する方針だ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]